ギベオン隕石(鉄・ニッケル隕石)

約3万年前にアフリカのナミビア砂漠に落下した隕石で、原始惑星の核(鉄とニッケルの合金)の部分です。ギボンとも呼ぶ。

カマサイトとテーナイトの大型結晶が交差してつくるウイドマンシュタッテンと呼ばれる表面の格子模様が特徴的で、隕石を切断し、研磨した後に硝酸を塗布し腐食させる(エッチング)ことにより現れます。

 

ギベオン隕石
隕鉄は、空気中では錆びるので定期的にミネラルオイルなどで拭くと良いです。一度錆びると元に戻りませんのでこまめにお手入れしましょう。

お問い合わせ

    

TOP              CALL             MAIL