ゴールデンルチルクォーツ(ルチル入り水晶)のブレスレット

金針水晶

ゴールデンルチルクォーツのブレスレット

ゴールド色のルチルが内包している水晶は、金の線が入っているその見た目から、【金銭が入る】という縁起を担いで、金運の石として有名です。

しかし財運だけにとどまらず、悪運に打ち勝つという魔除け的な石言葉もあります。

ルチルクォーツの選び方(品質の優劣)

大きさや産地などにもよりますが、ここでは一般的に多く出回っているブラジル産で、同じ粒の大きさを例に説明します。

品質はまさにピンキリです。

ざっくりクォリティの高い準は以下となります。

①水晶の曇りがなく、ルチルが多く入っているもの(水晶、ルチル共にクォリティが高いといえる。両方備わっているものが最高)

 

②水晶が曇っていてルチルが多く入っているもの。(例え①のものよりルチルが多く入っていたとしても水晶の品質も踏まえ、①の方が高品質。)

 

③水晶の曇りがなく、ルチルが少ないもの(②と同列くらいですが、ルチルクォーツとして購入するのであれば②にやや劣る)

 

④水晶が曇っていてルチルが少ないもの。

 

一個人の経験で見て来た品質と値段による見解です。絶対的ではないので参考にとどめてください。 

この他にも、ルチルの向きが揃っている、ルチル以外の内包物がある等、まだまだ違うポイントもあります。

 

 

タイチンルチルクォーツとは

水晶内部に二酸化チタンの針状結晶(ルチル)が入り込んだルチルレイテッドクォーツの中でも、針の太い物をタイチンルチルと呼びます。 このタイチン(太針)という言葉は中国語で、世界中で財を成す華僑の方たちが、成功の石として珍重したことからつきました。 中国語で「太い金針」という意味です。

データ
  • 英名:ルチルレイテッドクォーツ Rutilelated quartz
  • 和名:金紅石入り水晶(きんこうせきいりすいしょう)
  • 色:無色(インクルージョンのルチルの色とその密集度によっては色がついたように見える)
  • 成分:SiO2(包有物はTiO2結晶系:六方晶系(三方晶系
  • 硬度:7
ゴールデンルチルクォーツのブレスレット

お問い合わせ

    

TOP              CALL             MAIL